山道クロスカブ!

50才でバイクデビューとなりました。よろしくお願いします。

グリップヒーターの取り付け!(クロスカブ、JA45)

参考資料エンデュランスより


こんにちは、カブマニアです。

季節外れだけど、雨の中グリップヒーターを取り付けました。(笑)


最初の予定だと、1月から教習所通って3月位に免許取って2月位にクロスカブを予約申し込みして3月に納車予定でした。(笑)


ご存知の通り、バイクは少し遅れて入荷したけど、肝心の免許が大幅遅れてしまいました。(大笑)


なかなか進まない教習の憂さ晴らしにポチったのが、エンデュランスのグリップヒーターです。(笑)


人気商品らしくて、しばらく在庫無しだったので、発売と同時に急いでポチりました!


ところが、急いでポチったせいか、アルミタイプの高級品?をポチってしまいました。(汗)


アルミタイプでも良いのだけど、ハンドルバーエンドがちょっと洒落ていて、バランスの重りが付かない(要するに穴が貫通していなかった。)


バランサーは、多分無いと振動がでるだろうし、こけた時バーエンドは、傷付くからオシャレなアルミはどうかなぁと思っていました。


参考資料エンデュランスより


結局穴を開けて、バランサーを付ける事にしました。



今回用意したのは、エンデュランスのクロスカブ用グリップヒーターセット(アルミタイプ)です。


参考資料エンデュランスより


アクセルのプラバイブと電源のコネクターがセットになっています。


グリップヒーター、ホンダの純正品も良いのですが、節電の為半周しか温まりません。

エンデュランスのは、全周温まりますし、普段は電圧計として使えます。

勿論どちらも、低電圧になるとヒーターを止めてくれます。

値段もエンデュランスの方が安いので、人気商品になっています。



取り付け!


まずはバーエンドのネジを外します。噂ではむちゃくちゃ堅いそうです。(一応インパクトドライバーを用意して有ります。



左側はあっけなく、右側もちょっと本気だしたらあっという間に緩みました。(さすが熊本品質?)


次はゴムのグリップの取り外しです。


これも強い見方を用意して有ります。


潤滑材とクリーナーとドライバー。

ドライバーを突っ込んで556を一かけ!

ドライバーをぐるぐる回して一回転します。



これまた簡単にスルッと抜けました。(^_^)ノ


こんな感じ!



クリーナーで綺麗にします。(これまた簡単)


さて、問題の右側のグリップの交換です。

右側はアクセルが有りますのでワイヤーを外さないといけません。しかも、JA44. JA45からは、スロットルワイヤーがダブルはなっているので、キャブレター側のワイヤーを外さないと、スロットルパイプを交換出来ません。


メインパイプカバー、を外します。

左右分解してから外すようにマニュアルではなっていますが、爪を折りますので養生して傷つけ無いように注意して、左右一体で取り外しします。


参考


キャブレターの前側(左側のネジを緩めます。)


ハンドルのスイッチのネジを二本緩めて分解します。


スロットルパイプを交換します。

終わったら、新しいヒーターのついたグリップを嵌めてみます。無理のない硬さになるように、サンドペーパーで調整します。

この時アクセルを回してコードに無理のない位置を確認します。


位置を確認しながら、附属のボンドで接着固定します。




電源はメーターの下(場合によってはメーターの中の防水の黒い袋?)の中に2Pカプラ(3個と黒いアースのギボシ)が入っていますので黒いカプラを使用します。


参考


配線が終わったら電源を入れて確認します。


無事通電して、ハンドルが暖かくなったら、綺麗に配線を固定します。


最後はアルミ製のハンドルバーエンドのカバーを丸く穴を開けて(結構面倒だった!)


カウンターウェイトを固定して終了です。




完成です。



割と順調に終わりました!活躍するのは、秋からですね。それまでは、電圧計となります。

ハンターになる!(銃所持許可申請の手続き)


おはようございます。今日はカブマニアでなくて、ハンターマニアいやいや、マニアではないのでハンター・カブ(うん?バイクの名前じゃないか!)と名乗ります。(笑)


前にも書いたけど、ハンター・カブはバイクがメインではないのです。あくまでもハンターになる過程で、山野を駆け巡るためにバイクの免許を取った訳です。

(思いの外、大変だった!)



苦節5ヶ月かかりました。(大汗)ここで本題のハンターへの最後の関門、銃砲の所持許可申請です。


狩りをしたいからと言って、銃砲店に行けばすぐ銃を買える訳ではありません。(アメリカなら買えるのかもしれませんが!)


では、日本では銃の所持が出来ないかと言うと出来ない訳では有りません。キチンと手続きをして、この人物なら大丈夫と公安のお墨付きを(許可を)貰えば所持出来ます。(短銃は出来ません。)



その許可には、おおよそ10のステップが有ります。


(参照、ヨシダ銃器さんより。)


まあ、これが結構大変なんです。一番大変な理由はほとんどの手続きが警察なので、平日に行うということになります。

(私も5回以上行ったかな?)

現在、教習証明書を頂いたところです。


後は、銃を仮予約します。

自宅に保管場所(金属製のロッカー)を備え付けます。そして、警察に届けて確認してもらいます。


問題が無ければ許可がおります。

許可をもらったら、銃砲店より銃を購入して14日以内に警察署で届けの銃器と同じか確認してもらいます。そして、やっと所持許可がでます。


そんな訳で、今回やっと銃砲の所持許可申請となりました!(ともかく、事務処理の書類がすごく多いです。お役所しこ




今回散弾銃の所持許可申請の書類は下記の書類に必要です。(ともかく、事務処理の書類がすごく多いです。お役所仕事の上、警察も余り所持させたくないので(多分!))


1. 銃砲所持許可申請書(別紙含む2枚) 1通

2. 譲渡等承諾書     1通

3. 経歴書     1通

4. 同居親族書     1通   5. 身分証明     1通

6. 本籍地の記載ある住民票    1通

7. 講習修了証明書コピー(原本を提示) 1通

8. 申請手数料     ¥10,500円

   申請手数料(追加申請の場合) ¥6,800円

9. 射撃教習修了証明書(1年間) 1通

10. 写真(3cm×2.4cm)   2枚

11. 診断書(精神科もしくは、かかりつけ医) 1通

12. 銃ロッカーの見取り図か写真   1通 13. 狩猟免状のコピー   1通

13. 狩猟免状のコピー

14. 75歳以上の場合、認知機能検査 1通

15. 身辺調査における確認事項の用紙 1通


※ 教習修了書の交付後1年以内は3・4・5・6省略、

 診断書有効期限(3ヶ月)以内であれば11を省略



私の場合、去年12月に射撃教習を終了したので3.4.5.6は必要有りません。14.もとりあえず必要無いです。(笑)


ほとんどの必要な書類は銃砲店で作ってくれますので、残りはガンロッカー、弾丸の保管庫の購入と設置、診断書の発行が必要です。


まずは、ガンロッカーを購入します。

一緒に装薬庫(銃弾用ロッカー)も購入します。



合わせて五万円ちょっと!中古を買おうかと思ったのですが、余り値段が変わらないので新品にしました。


そうそう、この前に装薬銃(火薬を使う銃、普通は散弾銃ですね!)を選びました。


銃は色々、ピンからキリまで有るのですが初心者で良くわからないし、ガンマニアではないので中古の安いのを選びました。6万円位でした。(ガンロッカーとたいして変わらない。(笑))


私の場合、最初は鳥の流し猟となるので本当はエアーガンが欲しいのですが、とりあえず、射撃教習を行ったので、散弾銃の自動銃を買いました。(エアーガンの場合射撃教習は不要です。)一年以内に許可を受けないと射撃教習が終了証が無効になってしまいます。(>_<)



もう一つ面倒なのは、診断書です。前回の診断書から6ヶ月経ったので新しく診断書をお願いしないといけないです。


診断書、神経科の先生にお願いする訳ですが(最近少し法律が緩くなってかかりつけ医でも良いらしいですが!)なかなか引き受けてくれない病院が多いです。(なんでなんでしょうかね~?真面目に診断書書くと、凄い大変だし、検査も必要です。責任も有るでしょう。でも、大抵面接、問診だけです。)


これが値段がまたピンキリ!私は4500円でした!(高いかなぁ。)


一応準備出来たので、近々警察に連絡して、予約取って申請に行きます。


その後、警察の身辺調査、自宅のロッカーのロッカーの確認して2ヶ月位で問題無ければ許可がおります。


また、仕事場に電話来るのかなぁ。(>_<)


追記


今日申請して来ました。申請書類の3・4・5・6は初めての申請の場合、必要との事でした。訂正いたします。


来週、確認に来るそうです。やはり射撃教習が終わっているのでかなりスムーズに進みそうです。

オイル交換(初回JA45 、JA44)


おはようございます。カブマニアです。(笑)


クロスカブ納車して1ヶ月たちました!走行距離302キロ、忙しくてなかなか乗れないです。(>_<)


先日ドリームホンダさんから1ヶ月点検のお手紙が来ました!近直行きたいけど日程が会いません。


とりあえず気になっているオイル交換(初回)をしてみました。


距離300キロだから、ちょっと早いかなぁと思いますが、車と違って簡単なのと、金額も安いので自分で行ってみました。


車だと今まで初回は1000キロ位、二回目から5000キロ位で行っていました。(ちょっと早いですけど。)


おかげで十万キロ以上全くトラブル無く乗って来ていました。(まあ、当たり前かなぁ?)


当然バイクも10万キロ位普通に走ると思っていました。

昔、友達との話で50ccの原付き(2サイクル)3万キロ位でもう、ダメかなぁなんて話をしていました。

その時私は「3万キロならまだまだでしょ?」

って言ったら「いやいや、原付きの一万キロって凄い距離なんだよ!車とは、全然ちがうんだよ!」って言っていた事を思い出します。


教習所通ってからバイクを少しずつわかるようになって来て、基本的には小型で回転数が高いエンジンは消耗が高いみたいですね~。


だから、カブの数万キロってかなり優秀みたいですね。やっぱりトルク型で回転数も抑え目だから、でしょうか?



そんな訳で小型バイク程良いオイルが必要との話です。(まあ一回でオイル800ccですから。)



クロスカブのオイル交換で必要な工具は

・17ミリのレンチ

・8ミリのレンチ

・ラジオペンチ

軍手、ボロ布、キッチンペーパー

位です。



必要な消耗品

・オイル(ホンダG1、1リットル、今回は、G2を奮発しました。)

・オイルフィルター(今回は、キジマ製マグネット付き、そんなの有ったんだ!)

・Oリング(ホンダ純正9130-PA9-0031)

・Oリング(ホンダ純正91301-K88-L000)

・オイル廃棄用Box(無ければ、ビニール袋とティッシュペーパー一巻)

・オイル交換用ポリジョッキ(750ccでラインを引いておくと良いです。)


実際はOリングは交換しませんでした。


実際の方法


まず、エンジンをかけて暖気をします。(五分位)

その後センタースタンドをかけます。

軍手をして、17ミリのレンチで回転方向を間違えないようにして緩めます。(シートから見て、上から見て、時計方向に緩めます。)


手で緩む位になったら、オイル廃棄用boxを下に置いて緩めます。(スプリングが入っていますので気をつけてください。)


オイルがキチンとboxに入っていたら、オイルフィラーの蓋を開けます。(この時オイルフィラーのキャップにゴムパッキンがはまるようにしてください。)


大方オイルが抜けたら、二回程エンジンをキックしてオイルを更に抜きます。

車体を左右に傾けてオイルを完全に抜きます。



参考



少し黒いかなぁと思いましたが、オイルジョッキに新品オイルを入れてみたら、結構黒いので思った程では有りませんでした。(まあ、300キロですからね。)


ストレーナー?茶こし?はどうかなぁって見みると、特に問題は無いけど、青のペンキが少しありました。(多分ボルトのチェックのペンキでしょう。柔らかいから問題無いのかな?)



オイル抜けたら、オイルフィルターの交換です。


参考


8ミリのレンチで緩めます。

外れましたら、スプリングに注意してラジオペンチで引き出します。


左側が新品です。結構黒いですね!


中をキッチンペーパーで拭いたら新品に交換してO-リングをチェックしてボルトを固定します。(緩まない程度で軽く!)


更にドレーンボルトにスプリング、茶こしの向きを間違えないようにしてドレーンボルトを固定します。(スプリングが有りますのでゆっくり手で締めます。最後に17ミリのレンチで締めます。(トルクレンチが有れば20Nで!)


元に戻したら、ウェスでオイルを拭き取ります。


オイルをジョッキに700cc位入れて給油口から注ぎます。オイルゲージを良く拭いて差し込みます。足りないはずなので、少しずつ足します。(入れ過ぎると抜くのは大変そうですね。)


ゲージまで入りましたら、キチンと蓋をしてエンジンを始動します。


もう一度オイルゲージをチェックして、足りなければ足します。


一回りしてオイル漏れを確認しておしまいです。


今回オイル交換してクロスカブは凄い簡単ですね。300キロだったのでオイルもかなり綺麗でした。オイルフィルターが少し黒いので金属粉が混じっているのかなぁ位でしたね。